不妊治療とホルモン剤

不妊治療の際に、ホルモン剤を投入してホルモンを調節し治療を行う場合があります。そのホルモン治療について紹介します。 - 不妊治療とホルモン剤

不妊治療とホルモン剤

ytdjts
不妊治療にはホルモン剤を使った治療が選択されるケースが多いです。
それほどにホルモン治療の果たす役割は大きいということ。
不妊の原因の一つにホルモンバランスの乱れが挙げられます。
自身の身体では、ホルモンが上手に生成出来ていないことから、ホルモン剤を投与し、調整を行うことで、いわゆる「妊娠しやすい身体」に近づけることが可能だと言われているのです。
ここでは、不妊治療に用いられるホルモン治療の種類と役割について紹介していきましょう。

排卵障害の治療薬として

ホルモン剤を不妊治療で使う際の目的の一つが排卵障害を起こしているケースです。
女性が原因で不妊担ってしまっているケースですが、ホルモン剤の一種とされている排卵誘発剤を使って治療を行います。
比較的に症状が軽いと診断されれば、クロミフェンやシクロフェニルといった内服薬を使うのが一般的。
これでも改善が見られない場合、hMG製剤などのより強力なホルモン剤を注射によって投与されます。

子宮内膜症の治療に使われるケース

不妊になってしまう原因の一つが、子宮内膜症を起こしてしまっているからというのは、女性ならば知っている方も多いのではないでしょうか。
手術という選択肢もあるのですが、ホルモン治療が行われるケースが多いです。
それもこの病気の原因が、エストロゲンの分泌が多いことにより進行していくから。
このエストロゲンを抑制してくれるホルモン剤であるダナゾール製剤などを投与して治療していきます。
他にも、エストロゲンを抑制するホルモン剤は存在しているのですが、種類は多く、形態も内服、注射、点鼻などの種類があります。

着床障害に使われるケース

着床障害が起こってしまっている場合でも、当然に妊娠をすることは難しいですから、不妊治療を行う必要があります。
そこでホルモン剤の投与になるわけですが、この場合には、黄体ホルモンの分泌量が少ないがために起こるとされていますから、子宮内膜を整えてあげるといった治療方法が採用されます。
内服薬や注射の他にも、膣内に投与する膣座薬も存在しています。
症状などに応じて使い分けて治療していきます。

男性が原因の不妊にも使われるホルモン剤治療

不妊治療でホルモン剤を治療するとなった場合、大体の方が女性が原因の不妊を想像することでしょう。
しかしながら、不妊の原因は、女性ばかりではなく、男性であるケースも多いのです。
男性の精子の量が少ないことが原因だったり、精子の量はあるものの、精子の元気がなく運動率が悪いといった場合にも不妊の状態になります。
このような場合には、男性ホルモン剤を補充するような治療が行われます。
他にも男性ホルモンのみならず、女性のホルモン治療の際に使われるhMG製剤を使ったり、クロミフェンなどを使って、男性ホルモンの分泌を促すための女性ホルモン剤を投入するといった治療も行われています。

まとめ

不妊治療に用いられるホルモン剤は、さまざまな種類や役割があり、それぞれの症状によって、使い分けをされています。
注射の形状もあれば、経口薬の形状もあり、中には、膣内に直接投与する膣座薬の形状まで存在しています。
また、不妊になるのは、女性ばかりが原因ではなく、男性が原因であるケースも考えられ、その際にもホルモン剤を使った治療が行われます。
男性ホルモンを直接投与して、ホルモン量を単純に増やす方法から、女性ホルモンを投与して、男性ホルモンとのバランスを取ったり、分泌を促すといった治療が行われています。
thrshts
ホルモン剤の通販・個人輸入業者を徹底比較
http://www.okusurizukan.info/

Copyright(C)2016 不妊治療とホルモン剤 All Rights Reserved.